HOME > 畳替えのすすめ > 畳の替えどき

畳の替えどき

畳替えとひと口に言っても、「裏返し」「畳表替え」「畳替え」があります。
それぞれ適当な時期がありますので、よく理解することが大切です。

【裏返し】2〜3年が目安です。
畳床からはずした畳表(イ草の部分)を裏返して使用し、新しい畳縁(へり)をつけ替えることです。
【畳表替え】5〜6年が目安です。
畳床から今ご使用の畳表(イ草の部分)をとりはずし、新しい畳表と畳縁(へり)につけ替えることです。
【畳替え】10年経ったら。
畳床と畳表(イ草の部分)そして畳縁(ヘリ)を新しいものに取り替えます。古く傷んだ畳床は、畳表を傷めやすく、衛生的にもよくありませんので、歩いてぶかぶかと足元に不快な感触を覚えるようになったら早めに畳替えをしてください。
こんな状態になったら、すぐお電話ください!こんな状態になったら、すぐお電話ください!

■シミ、カビ、汚れが落ちない
■畳の目がささくれ立ち傷んできた
■タバコの焦げあとがあちこちに

■何年もカーペットを敷きっぱなし
■陽に当たり、青かった畳が色褪せてきた

 
ささくれ立った畳 ささくれ立った畳
何年もカーペットを敷きっぱなしだった畳 何年もカーペットを敷きっぱなしだった畳
湿気を吸い、床が痛んだ畳 湿気を吸い、床が痛んだ畳
 

畳ベッドについてのご相談・お見積りは随時受付ております。
詳しくは、お電話または、Eメールにてお問合せください。
鈴木製畳株式会社
千葉市稲毛区長沼原町847
Tel.043-259-2056
7:00〜21:00 日曜休
【営業エリア】千葉県千葉市稲毛区・若葉区・中央区 ・花見川区・緑区・美浜区、習志野市、八千代市、四街道市、船橋市、佐倉市