HOME > 会社情報 > 会社理念

会社理念

日本の風土から生まれた畳あるくらしを通し、健康で豊かな住空間を提供してまいります。 代表取締役 鈴木幹夫

多様化する畳需要に、確実な技術と明日を見る目でお応えします。

代表取締役 鈴木幹夫

 

 初代鈴木四郎が鈴木製畳有限会社を興して以来50年、当社は建築・くらしに関するさまざまな変化と対応を見てまいりました。すなわち、日本は戦後の高度成長と住宅ラッシュ、バブル崩壊と自然災害を経験し、建ものに対しても価格だけでなく、健康と安全への配慮が求められてきました。
 多種多様な建築資材、塗装材、建築様式、生活様式が考案され使用されてきました。畳に関しましても近年実にいろいろな技術革新や工夫が施され、用途に応じたバリエーションも揃ってきました。

 しかしながら、建築資材や畳についてもその中には、コスト、納期のみを重視し、安全、健康を脅かす資材も残念ながら含まれていることが判明してきました。当社は、創業以来一貫して「みなさまの健康で豊かなくらし」を支えることを旨とし、良質の素材と確かな技術で、それを実現してまいりました。
 日本の風土と気質を巧みに取り入れ磨かれてきた日本人のくらしの知恵──畳のあるくらしを今に伝え、さらに時代に即した技術と改良を取り入れ、常に畳を通して新たなライフスタイルをご提案していくように努めてまいります。

 

美しく機能的な畳は、さまざまなシーンで活躍

男同士の約束 お茶室

 夏の日ざしを遮る葦簀、縁側にかけられた涼しげな風鈴の音色。冬の寒さをしのぐ囲炉裏、こたつでふれ合う家族の足のぬくもり。四季の色豊かな日本では、独特な工夫で暑さ寒さをしのぎつつ四季の風情を愉しんできました。そして一年を通して肌にふれる床材である畳は、まさに高温多湿で四季の変化に富む日本で生まれた、実に優れた自然の空調機なのです。つまり、梅雨時には畳床の稲わらが湿気を吸収、そして部屋が乾燥してくれると逆にその湿気を放出して湿度を調整します。またイ草とわらが空気を十分に含むため夏はひんやりさわやかで、冬は暖かいという断熱性と保温性に優れた生活資材と言えます。
 四季ある日本の気候に合うように生まれた畳は、さらにその風土に合うよう工夫を重ねられ、日本の生活を支えさらに日本の文化を育て上げ今日に至っているのです。

 

ニーズを捉え新しいライフスタイルを提案

 古くより日本人のくらしと共にあった畳は、その時代時代で工夫を重ねられより生活様式に合ったものへと改良され、材質や形、サイズ、縫い方などバリエーションに富んだものへと進化してきました。今後も住宅様式やライフスタイル、家族構成や人々の考え方など様々な要因を反映し、畳のニーズも多様化してくるでしょう。当社では従来の方法と概念に固執するのではなく、畳本来の特長を生かしつつ常にくらしのニーズをとらえるために、時代に即した感性を身につけることを怠りません。

置き畳やヘリ無し畳で新しいライフ空間を
鈴木製畳株式会社
千葉市稲毛区長沼原町847
Tel.043-259-2056
7:00〜21:00 日曜休
【営業エリア】千葉県千葉市稲毛区・若葉区・中央区 ・花見川区・緑区・美浜区、習志野市、八千代市、四街道市、船橋市、佐倉市